女性側から考えた、ぐっとくる「女性の口説き方」!弱い部分を敢えて見せる!

女性側から考えた、ぐっとくる「女性の口説き方」についてです。

過去に長年友人関係だった元会社の同僚がいるのですが、最初は全く異性として意識したことが無く、
恋愛対象になるなんて、一度も思ったことはありませんでした。

長年友人関係だったので、たまにお互いの近況報告をかねて飲みに行ったり、その後は
カラオケにいったり・・・会うのは数カ月に1度の時もあれば、年に一度会うか会わないか・・・
程度の付き合いでした。

私は仕事がうまくいっていない時期と、彼氏に振られた時期が重なり、気軽に愚痴を聞いてもらう
相手として元同僚に夜電話することが多くなっていきました。
そうして会う回数が増えるうちに、彼の今までのイメージとは違ういろいろな部分を見る事によって、
毎回「あれ?この人こんな面ももってるの?今まで誤解してたかも・・・」と思うことが多くなり、
なんとなく異性として、ぼんやりと意識していくようになりました。

よく恋愛で、「見た目とのギャップにやられた」とか「そのギャップ差に恋に落ちてしまった」と
言いますが、本当にその通りだと実感します。どうしても第一印象でこの人は恋愛対象かどうかと
決めてしまいがちですが、長く付き合っていくうちにその人の内面が見えた時に、好きな距離が
ぐんと近くなったり、あるいは遠くなったりするのもだと思います。

他にはお金をかけてプレゼントすることでは無く、本当にその好きな人の喜ぶ顔がみたくて
一生懸命何かをする姿にも、女性はぐっときます。

例えば普段は全く料理なんてしない男性が、好きな女性の為に手料理をふるまいたくて、
料理の本を見ながら、時間がどれだけかかっても一生懸命奮闘している姿なんかステキにみえます。
何より「私の為だけにこんなにしてくれたんだ」という私だけのスペシャル感は嬉しいです。

あとは普段は強気なのに、不意にみせる弱い部分にもギャップがあり、たまりません!
急に弱い部分を見せられたら、「私が守ってあげる」と母性本能が出てきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>